がんと闘う備えを準備しよう 〜がん治療とがん保険を考える〜

がんと闘う備えを準備しよう

日本人の死因の1位は皆さん何かご存知でしょうか?実は「がん」なのです。がんは日本人の死因の実に30%を占めているのです。また、一生のうちにがんと診断される人は約50%。このデータから見ると、なんと2人1人はがんになるということになります。

これほどにも罹患率が高く身近な病気となってきているがんですが、がんは不治の病とされていたのはもう昔のこと。現在では医療の進歩などにより、治る病気となってきています。

がん治療にかかる費用について

もし万が一がんになってしまった場合には、その治療費が必要となってきます。がんの場合は一度手術をしてからもその後も治療やメンテナンスを必要とすることも多く、治療費がかさみます。また、保険診療外である高度先進医療を受ける場合の費用は全て自己負担となり、高額な治療費がかかることになります。

そんな時に役に立つのが「がん保険」です。がん保険はがん保障に特化した保険です。一般的な医療保険は様々な病気やケガにより、入院や手術をした場合の保障ですが、がん保険はその原因ががんに限定されます。その為、保障内容も限られていて明確です。

保障を決める順番ですが、まずは広い範囲を保障する医療保険に加入して、がんが心配な場合は上乗せとしてがん保険に加入するとよいでしょう。

がん保険の免責期間

がん保険は他の生命保険と違って、契約後すぐに保険が適用されません。それは、がんは他の病気よりも見つかりにくく、契約当時にがんになっている可能性も否定できないからです。

保険会社はこうしたリスクを避けるために、ほとんどの会社で90日の免責期間を設けています。これは生命保険に病歴があると加入できないのと同じ考えで、がん保険の場合は加入(契約成立)後90日間は契約内容が成立したいことを覚えておきましょう。

日本のがん保険の歴史

わが国におけるがん保険の始まりは1970年代に外資系保険会社が発売したのが最初とされています。その後、日本の各生命保険会社もがん保険を扱い始めましたが、まだその当事はがんの生存率が低かったため、注目を集めませんでした。

しかし、現在では医療の進歩と共にがんの生存率も上昇、がんは治る病気と認識され始め、がん治療の保障を求めるがん保険に注目が集まっています。今の時代はがんの治療も外科療法、放射線療法、化学療法(抗がん剤)と様々な方法があります。

もし万が一がんになってしまった場合、安心して治療をするための備え、それが「がん保険」です。

Copyright (C)2018がんと闘う備えを準備しよう 〜がん治療とがん保険を考える〜.All rights reserved.